住宅ローン審査が通らない人向けの情報源

住宅ローンを中心に生活に役立つ知識をピックアップして紹介していきます。

住宅ローンと金利推移の関係

2011年9月20日(火) 12:21

住宅ローンを検討する上で、金利推移は無視できない問題です。

住宅ローンはいつまで、いくらずつ返済するかが悩みどころです。

金利を検討することは住宅ローンを決める時には欠かせませんが、金利推移が及ぼす作用に関しても知識が必要です。

一般的に住宅ローンは全期間固定型、変動金利型、固定金利選択型の3種類に分けられます。

全期間固定金利型は、金利推移が上向いている時に選ぶ金利です。

金利が上がっても、一度設定した当初の金利のまま自分の住宅ローンの利率は変わりません。

支払い金額が常に一定という安心感があります。

一方、金利推移に合わせて返済時の金利が変わるのが、変動推理型の特徴です。

変動金利型は、将来的に金利が下がると見込まれる時に選択する金利方式となります。

どちらの要素もあるのが、固定金利選択型です。

固定金利選択型は、一定期間毎に金利を決め直します。

最初のうちは固定金利で利息を計算し、ある程度年数が過ぎてから再び金利を選択します。

高めの金利になりますが、固定金利は安定しています。

変動金利型は金利推移によって金利が上下するという不安定さがある半面、固定金利制より低金利での借り入れができます。

無理ない返済計画を立てるためにも、この先の金利推移と自分自身の5年後、10年後の姿とを組み合わせながら住宅ローンを組みましょう。

Category: 住宅ローン
コメントは受け付けていません。

固定型住宅ローンの金利推移って?

2011年9月12日(月) 10:21

住宅ローンを固定金利型で借り入れる場合は、金利推移に関わらず同じ金利で利用できます。

金利推移が大きくとも、返済額に関与しないことが固定金利の有利なところです。

通常、全期間の金利が一定ですが、一部では途中で金利が変わるものもあります。

金利が見直される状況が担保されている住宅ローンも存在しますが、唐突に変わるわけではなく、定期的に変動していきます。

どんなに金利推移が変化しても住宅ローンの返済額には影響がないので、家計の管理がしやすい特徴があり、住宅ローンの総額があらかじめ決められます。

毎月の家計管理だけではなく、住宅ローン返済後の生活など、長期にわたっての資産管理もしやすい面があります。

特にまだ子供が小さい場合、これから出費が多くなることが予想されます。

固定金利型を選択する方は、将来の金利推移で返済状況がきつくなり、家計を圧迫するような状態を警戒しているようです。

固定金利の期間をあらかじめ選択できる住宅ローンもあります。

初めに設定した期間の金利は固定され、期間が終わると改めて金利や返済額が見直されます。

金利の固定期間は、自分で選べるケースがほとんどです。

何年間、固定金利で返済できるかといった細かな内容は、貸付を行う金融機関によって差があります。

最初に決めた固定金利での返済期間が終わった後は、現在に至るまでの金利推移を考慮に入れてその後の住宅ローンの返し方を決めます。

Category: 住宅ローン
コメントは受け付けていません。

変動型住宅ローンと金利推移って?

2011年9月9日(金) 10:20

金利推移を別問題と考えると、変動金利は固定金利より金利が低い傾向があります。

通常金利が半年に1回見直されるため、金利推移によって後の支払い額が大きく変わります。

住宅ローン返済の金利は5年に1度適用されますが、金利自体は半年に1度のペースで変わっていきます。

前の返済額の1.25倍より多くなってはいけないという制約が、変動金利の見直しには課せられています。

月々の返済額は5年間変わらず、その間は金利だけが随時見直されていきます。

金利推移によっては利息が上昇すると、住宅ローンの返済額のほとんどが利息部分にあてがわれてしまいます。

元本がなかなか減らないというデメリットがあります。

毎月の返済額の大半が利息で、元金の返済まで追いつかないという事態が、金利推移によっては発生します。

未払いの利息が逆に増えてしまったという事態も起きえます。

最近では、金利推移を見て半年ごとに住宅ローンの金利を見直しながら、毎回の返済額も見直す金融機関も増えています。

今後の金利推移が上昇傾向にあると判断したら、早い段階前倒しをして住宅ローンの返済を進め、元本を減額することも重要です。

住宅ローンの金利にはいくつかの種類がありますが、変動金利型は金利推移によって返済額が増えるリスクにも対応できるような、世帯収入の多い家にいい方法です。

Category: 住宅ローン
コメントは受け付けていません。

住宅ローンと変動金利のメリットって?

2011年9月9日(金) 10:20

変動金利で住宅ローンを利用することで、低い金利での返済をしたいという方は少なくないようです。

金利推移が今後低くなるだろう時や、現時点での金利が低いならば、変動金利の住宅ローンは返済の負担軽減になります。

金利とは、年間2回の頻度で変化することがあります。

一般的には固定よりも金利が安くなっています。

変動金利というと、いきなり金利がとんでもなく上がったらどうしようと、心配する人もいると思います。

金利推移が大幅にアップし、返済金額の大きな増額が見込まれる時のための上限金利特約という制度があります。

金利の上昇に応じて利息が増える時でも、上限金利特約が入っていれば利息は一定以上増えないことにできます。

変動金利で低金利期はこの金利が使われます。

これがついていれば、金利が上がっても上限は決まっています。

金利推移が予想外の上昇をしても、住宅ローンの貸付金利上限が決まっていれば、将来の返済プランが安心して立てられるでしょう。

住宅ローンを組む時は、変動金利か固定金利のどちらかの選択を求められます。

判断がつかず決めかねているという方は多いようです。

住宅ローンについて迷っている人には固定と変動金利のミックス型というのもあるので、慎重に考えて見ましょう。

Category: 住宅ローン
コメントは受け付けていません。

住宅ローンと変動金利のデメリットって?

2011年8月26日(金) 00:34

変動金利性の住宅ローンを組む上でのリスクは一体何があるのでしょうか。

変動金利の一番のデメリットは、住宅ローン借り入れの時点で総返済額がわからない事です。

住宅ローンを組む時点で固定金利を選択すれば、月々の返済額も最終的な返済総額も最初にわかります。

変動金利性で返済総額がわからないのは、金利の変動によって住宅ローンの金利が上下するため、いくらの利息がつくかわからないためです。

せっせと返済を続けていても、金利がアップしたために利息の占める割合が上がって借入金の返済にまで届かない場合があります。

月々の返済金は5ヶ年一定ですが、金利は増えています。

金利の変動に基づいて貸付金利が変わった場合は、利息と元金の内訳が違うものになってしまいます。

利息の増え方が月々の返済金額より多い場合は、利息と返済額の差分が未払い利息とされるわけです。

最終支払日を迎えても元本と未払い利息が残ってしまうことがあるわけです。

変動金利を選択したために、住宅ローンの未払い利息がでることがあります。

3年~5年に一度の金利変更に応じながら、変動金利の住宅ローンを扱うところも存在します。

住宅ローンを利用する時は、将来の金利の変化によってどう変わる可能性があるかなども考えてからにしましょう。

Category: 住宅ローン
コメントは受け付けていません。

カレンダー

2014年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

月別の投稿一覧

↑Page Top

Copyright(c)住宅ローン審査が通らない人向けの情報源. All rights reserved.

お役立ちリンク